|【変形性腰椎症】腰痛について|サイトマップ


スポンサードリンク


変形性腰椎症の原因
変形性腰椎症は「加齢」が原因で起こる疾患です。
・腰部脊椎症
・椎間板症
・椎間関節症
・変形性脊椎症
・腰部椎間板症
すべて名前が異なる病気ですが、すべて同じ病気「変形性腰椎症」を指しています。椎間関節、椎間板、椎骨すべてに老化現象は公平に起きてきますから、病名を区別すること自体が難しくなってくるのだそうです。

●変形性腰椎症の治療
変形性腰椎症においては、腰椎や椎間板が変形もしくは変性してしまっている病態です。ですから、治療を行ったとしても骨を修復(元通り)することはできません。また、変形性腰椎症は高齢者の方に多い病態でもありますから、手術を行うことはまずないと考えていいでしょう。

◆薬物療法
変形性腰椎症の主たる治療法です。
・筋弛緩薬
・非ステロイド性消炎鎮痛薬
(内服薬または外用薬)

痛みが強い時には神経ブロックという注射が行われます。ただし、神経ブロックはリスクが大きい治療法ですから、医師の説明をきちんと聞いて納得した上で受けるようにしてください。

◆装具療法
コルセットなど

◆牽引療法

◆理学療法

痛みがひどくない状態であれば、体操やストレッチを習慣づけるといいと思います。筋力は年齢関係なくつけることができますし、筋力がついているとケガや病気を起こしづらくなりますからおすすめです。
【変形性腰椎症】腰痛についてTOP

スポンサードリンク


copyright©2010  【変形性腰椎症】腰痛について  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責