|【変形性腰椎症】腰痛について|サイトマップ


スポンサードリンク


ぎっくり腰
ぎっくり腰とは、突然起きる腰痛の総称です。
・重いものを中腰で持ち上げようとした時
・体をねじった時
・朝ベッドから起き上がった時
日常の何気ない動作をとった際に、息も出来ないくらいの鋭い痛みが腰を中心に走る症状です。

●ぎっくり腰のもう一つの原因
筋肉疲労が溜まっているところへ、重いものを持ち上げるなどしてぎっくり腰が突発的に起こることが多いんですが、実はぎっくり腰には病的な原因もあるのです。

◆筋筋膜炎
ストレスや疲労が原因で筋肉と筋膜が炎症する疾患です。

◆椎間板ヘルニア
椎間板が激しいスポーツなどが原因で飛び出してしまい、神経が圧迫されることによって起こる症状です。

◆脊椎分離症
第五腰椎に起こる症状で、脊椎の関節突起が離れたもの(疲労骨折による)。スポーツをする方に多く見られる疾患です。症状が進行すれば、神経根が圧迫されて下肢に痛みが出るようになります。
上記のように、日常的な動作から病的な原因まで、様々な理由が絡み合い起こるぎっくり腰。腫瘍が原因でぎっくり腰が引き起こされることもあります。
ぎっくり腰になったらまず安静を保つこと。症状が落ち着いたら、整形外科を受診しましょう。病的な理由はともかく、姿勢や動作、ストレスなどは自分で意識して直したり溜めないようにするしかありません。ぎっくり腰を起こさない環境をなるべく作るようにしてくださいね。
腰椎椎間板ヘルニア
【変形性腰椎症】腰痛についてTOP


スポンサードリンク


copyright©2010  【変形性腰椎症】腰痛について  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責