|【変形性腰椎症】腰痛について|サイトマップ


スポンサードリンク


腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニアはぎっくり腰を起こす疾患です。人によっては腰痛のほかに下肢の痛みが出る方もいます。

●腰椎椎間板ヘルニアの原因
20歳を境に椎間板は老化し始めます。皮膚などと同じですね。
このことにより、髄核と言われる部位が外に飛び出してしまうようになります。飛び出した髄核が神経を圧迫するようになると、「あの嫌な痛み」が生じるようになるのです。これを椎間板ヘルニアによる「坐骨神経痛」と言います。

●腰椎椎間板ヘルニアの症状
・腰痛
・下肢のしびれ、痛み
・下肢の筋力の低下など

●腰椎椎間板ヘルニアの治療
・安静
・コルセットによる装具療法
・ビタミンB製剤
・非ステロイド系抗炎症剤
・神経ブロック療法(トリガーポイントブロック、神経根ブロック、腰部硬膜外ブロック)
・筋弛緩剤
・筋力強化
これらの保存的療法で症状が改善しない場合には、ヘルニア摘出の手術(もしくはレーザー治療(保険適用外)を行うこともあります。また手術療法には合併症が出ることがあります。神経根障害(一過性の症状)、硬膜損傷、血腫によるマヒ、創感染などがあたります。
手術療法には合併症、レーザー治療にも問題点があるなど、どの治療法を選択しても必ずリスクは伴います。
医師にどう思われようとも、必要だと感じたらセカンドオピニオンを受けるようにしましょう。また、手術を受ける場合には、脊椎脊髄手術指導医呼ばれる専門医の治療を受けるようにしましょう。
【変形性腰椎症】腰痛についてTOP


スポンサードリンク


copyright©2010  【変形性腰椎症】腰痛について  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責