|【変形性腰椎症】腰痛について|サイトマップ


スポンサードリンク


変形性腰椎症の症状
変形性腰椎症は年齢を重ねれば誰にでも起こる疾患です。脊椎の腰の辺りにある腰椎や椎骨が劣化することによって、不快な症状が出るようになります。

●変形性腰椎症の症状
◆慢性的な腰痛
変形性腰椎症で代表的な症状は腰痛です。痛みが消えたり、出たりを繰り返すタイプと、腰痛がずっと続く持続するタイプの2つがあります。座っている状態から立ち上がったり、朝起きて動き出そうとした時など「動作の開始時」に痛みが強く出ます。(動作を続けていると症状は軽くなります。)

◆腰椎の可動域制限
腰に痛みが出ていることによって、腰椎の動かせる範囲が限られてくるようになります。

◆下肢のしびれ・痛み

◆筋力低下

◆腰が曲がる
脊柱側弯・・・椎間板が変形すると起こる症状です。高齢者の場合、腰が曲がってくるのは異常なことではなく自然な変化と言えます。痛みが出ていなければ問題はありません。
腰椎は5つの椎骨から成っています。この中のどの骨に変形や変性が起きたかによって、腰痛以外の様々な症状が見られるようになります。症状の出方によっては、脊柱管狭窄症や腰椎すべり症、椎間板ヘルニアなど、他の病気と診断されるケースもあります。
元をたどれば腰椎や椎間板の変性などが原因の為、変形性腰椎症含め、腰椎症はいろんな病名で診断されることが増えてきます。
変形性腰椎症の原因
【変形性腰椎症】腰痛についてTOP


スポンサードリンク


copyright©2010  【変形性腰椎症】腰痛について  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責