|【変形性腰椎症】腰痛について|サイトマップ


スポンサードリンク


薬物療法
変形性腰椎症は基本的に、痛みなどで日常生活に支障をきたさないようにすることが治療の目的となります。

●薬物療法が中心
変形性腰椎症の治療は対症療法で、薬物療法が中心となります。
・非ステロイド性消炎鎮痛薬・・・痛みを軽減してくれます。
・筋弛緩薬・・・筋肉のコリをほぐしてくれます。
・ビタミン剤の服用・・・神経の修復をはかります。
塗り薬、貼り薬を使用したり、注射や坐薬が使われることもあります。もし痛みが強ければ、神経ブロック注射を行うケースもあります。

●神経ブロック治療とは?
他の治療法に比べると、効果の出方が早く、強い痛みを抑えることができます。硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間関節ブロック、星状神経節ブロック、腰部交感神経節ブロックなどの方法があります。
神経ブロック治療では、
・血流の改善
・痛みの伝わり方を抑制
・関節の炎症の鎮静
これらの作用がある為に、腰部の強い痛みを数分で抑えることができる治療法です。

・局所麻酔薬とステロイドを注入する
・高周波熱凝固法またはアルコール注入
このいずれかの方法で治療が行われます。ただし症状によって治療回数は異なります。

神経ブロック注射を初めとして、それぞれの治療法にはそれぞれのメリット・デメリットがあります。それらを理解した上で治療を受けるようにしましょう。
装具療法
【変形性腰椎症】腰痛についてTOP

スポンサードリンク


copyright©2010  【変形性腰椎症】腰痛について  All Rights Reserved |お問い合わせ・免責